「赤色の暖色系」の白髪染めで、40代女性の髪はツヤ髪に変わる

白髪染めのコツ

40代になって、髪を何色にしていいか分からない……映える色っていったい何色なの?

今回はこのような疑問に熱くお答えしたいと思います。

本記事の内容

40代女性に似合う髪色は赤色がおすすめ
部分染めで選びたい白髪染めトリートメントの色は
40代女性は落ち着いた赤色を選び、白髪対策をする

私は、女性向け毛髪医療クリニックの看護師です。ここでの知識・経験などを活かして、さらに月に100名以上、髪に悩める女性にヘアアドバイスをしています。

結論からいえば、40代の女性が「美容室やヘアサロンで全体的な髪の色を変えたい」のであれば、赤色の暖色系の色をおすすめします。

赤色などの暖色系といっても真っ赤というわけではありません。光が当たることで赤っぽくみえるブラウン系の色のことを指します。

この赤色の入った茶系統は40代女性らしい品の良さを引き出し、優しい印象を与えることができる色です。

今回は、「40代女性に似合う赤色のブラウンをおすすめする理由」と「白髪染めカラートリートメントの選び方」について述べていきたいと思います。

40代女性に似合う髪色は赤色がおすすめ

まずは40代に似合うベースの髪色についてお話ししておきます。

40代ともなると、20代のころの髪色のように奇抜な茶髪であったり、目を引くような寒色系の青や緑色が入っていたりすると、冷たい印象になるだけでなく、せっかく醸しだせるようになった大人の女性の魅力が損なわれる恐れがあります。

そのため、40代女性には40代女性に見合った髪色に染めてみることをおすすめしたいと思います。

では40代女性らしい髪色とはどのような色に染めるとよいでしょうか。

それは赤色の暖色系のブラウンです。髪を赤色の暖色系に染めると黒髪のときより全体の印象が優しく柔らかく見えたり、明るく見えたりします。

また赤色の入った茶色に髪を染めることで、髪のツヤ感を表現できます。そのため、40代の女性にありがちな髪のツヤ感の減りをカバーすることができるのです。

以下が私が赤色の暖色系に白髪染めをしたときの写真です。

赤色といっても、ベースに赤色が差し色で入っている程度で、明るい場所だとツヤがあるようにみえます。このように赤色のブラウンに染めることで、40代女性の頭髪の悩みを補ってくれるさまざまなメリットがあります。

40代女性であれば、暖色系の赤色のカラーが似合います

赤系とはベースが赤色ということで、以下のようなブラウン(茶色)やピンクベージュといった色も赤色系統になります。

このような赤系のカラーのほうが日本人の黄色みのある肌色にとてもマッチし、髪の毛のツヤを出す色としても有名です。特に40代で老けて見えない髪色にはツヤは絶対に必要なポイントです。

もちろん、瞳や肌の色、好きな洋服の色などによっても似合う髪色は違ってきますが、迷っているのであれば、赤色のブラウン系統をおすすめします。

管理人、寒色系に染めた体験と感想

このようなことを言っておきながら、私自身、1年位前、雑誌でみてグレージュ(グレーとベージュが混ざった色)というアッシュ系(灰色がかったくすんだ色)という赤系のカラーとは全く違う寒色系の髪色にしたことがありました。

その雑誌に掲載されていたグレージュカラーのモデルは日本人なのに透明な抜け感があり、外国人風な雰囲気を醸し出していました。一目でその色が気になった私は、一度でいいのでグレージュカラーにしてみようと思ったのです。

サロンの担当美容師に「いつもと違うグレージュカラーにしてみたい」と意気揚々と伝えました。

すると美容師は驚きながら「え!グレージュ?冒険したくなったんです?1年に1回くらい、時々冒険したくなる人がいらっしゃるけど、本当に大丈夫ですか?マットな仕上がりになりますよ」といわれました。

マットな仕上がりといわれても、実際に経験したことのない私にはわかりません。私は意気揚々と「お願いします」と即答しました。グレージュヘアに乗り気ではない担当美容師は私になにか言いづらそうにしながらも染めてくれました。

グレージュカラーに染め終え、雑誌のモデルとまったく同じ髪色になりました。瓜二つの仕上がりです。

「あれ?」

ただ、思っていたイメージと異なり、何か違和感があるのです。

家に帰って何度も何度も鏡をみているうちに、グレージュカラーに染めたことで以下のようなことに気づきがありました。

  • 髪のツヤがすべて消えた
  • 顔色がくすんでみえる
  • 老けてみえる
  • 冷たいイメージにみえる
  • 目の下のくまが目立つ など

モデルと私の最大の違いは、雑誌のモデルは20代で、私は40代ということでした。20代であれば、寒色系のヘアカラーでマットな仕上がりにしても違和感なく、おしゃれに見えます。

一方で、40代女性の場合、グレージュなどの寒色系カラーは髪のツヤが無くなったのは、致命的でした。疲れてみえたり、顔色がくすんで見えたりするだけでなく、実際に目の下のシワやくまが目立ち、老けてみえたのです。

がーん……

周りの友人たちからも「どうしたの?最近、仕事に疲れているの?」と気を使って尋ねられることが多くなりました。

私は「髪色ひとつでここまで変わるのか」と驚いたくらいです。歯に衣着せぬ友人のなかには「若干、ヤマンバのように見える」ともいってくる人がいました。

自分でも明るいところで鏡で髪色を確認するたびに、寒色系のマットな髪色は年齢を選ぶ髪色で、顔と馴染んでいないと思い知らされました。

40代日本女性は断然、暖色系髪色&8レベル

40代女性の場合、冒険したくなっても赤系のカラー、例えばブラウンやダークブラウン、ピンクベージュくらいに染めたほうが無難でキレイに見えることが多いです。

また、赤系でも以下のように8レベルの明るめの色を選択すれば、髪のツヤが出て、40代女性の魅力を引き立ててくれます。

数字が1に近づくほど、暗めの色になり、数字が増えるほど明るめの色になります。

どうして8レベルがいいの?

8レベルが日本人の肌が一番きれいにみえる髪色だからです!

8レベルは他にも、白髪を染めたときに色が付きやすい反面、髪にダメージを与えないギリギリのラインです。

これが10レベル以上になると明るすぎるため、黒髪が伸びてきたときに目立ちやすく、さらに色が抜けてしまうのが早いです。

暖色系でもどの色を選べばいいかはプロに任せる

暖色系といっても、ブラウン、赤とかいろんな色があって、選ぶのが難しい……

「暖色系などといわれてもよくわからない」という人は、美容院で「私に似合う暖色系の8トーンで」と伝えるといいでしょう。

美容師にあなたの肌のトーンや目の色など、総合的に判断して、あなたに一番似合う色を選んでもらうと良いです

ちなみに、40代女性の白髪染めで人気の色は以下のナチュラルブラウンやベージュブラウンです。

こちらのベージュ系ブラウンを選べば、多くの女性は余裕のある優しい印象を引き立たせることができます。

美容院でカラーチャートを見せてもらい、自分の目の色や肌の色と合う色を美容師に相談しながら、マッチングする色や明るさを確認するといいでしょう。

ハイライト・ローライトをすると白髪は目立ちにくくなる

さらに老けて見えない良い髪色の付け方について紹介します。それはハイライト・ローライトで強弱をつける方法です。そうすると白髪は目立ちにくくなります。

ハイライトとは、ベースの髪色に対して、髪の表面や顔回りの髪の毛を何レベルか明るく染めて、全体的に立体感を出す染め方のことです。

髪全体を明るくするには抵抗があるという人も、ハイライトだとそれほど目立たず、髪色全体が明るくなるのでおすすめです。

ハイライトって少し老けてみるイメージがあるんだけど……

それは、ベースの髪色とハイライトのレベルが違いすぎているからです

ベースの髪色とハイライトカラーのレベルを変えすぎると、ハイライト自体が白髪に見えて、老けた印象になることがあるので注意が必要です。2レベルくらい上のハイライトを入れると、白髪対策にはちょうど良いでしょう。

反対にローライトというのは部分的に暗い色をいれる方法もあります。ローライトであれば、髪に奥行きや深みがでます。こちらは2レベルくらい下のローライトがおすすめです。

どちらもサロンで上手く染めてもらえば、髪全体に立体感がでて、白髪が目立ちにくくなる効果を期待できます。

初めての白髪染めをする人の注意点

私は初めて髪全体を白髪染めするんだけど、しっかり染まるかしら?

そのような人は、色が抜けたときに8レベルになるよう染めてもらうとよいでしょう

白髪染め剤には、暗い色になるほどブラウンの染料が多く入っています。「白髪を染めたい」と最初から濃い色で髪を染めてしまうと、髪の明るさを楽しめません。

髪の明るさのオーダーを出す際に、「色が抜けたときに8レベルになるよう染めてください」と頼んでおけば、希望の8レベルに徐々に変化していくため、髪色や明るさを楽しめます。

部分染めで選びたい白髪染めトリートメントの色は

髪全体の色が決まったところで、次に生え際を染める白髪染めトリートメントの色の選び方について述べていきます。

せっかく髪全体をプロの手によってキレイに染めてもらっているのに、生え際に間違った色のカラートリートメントを行って、色ムラをつくってしまっては大変もったいない話です。

プロの手にかかった後の状態をできるだけキープしながら、次のサロンまでつなげていきたいところです。

そこで次にプロに染めてもらう間のつなぎとして、このサイトでは白髪染めトリートメントを使用することをおすすめしています。

その理由は、市販の白髪染めと比べて白髪染めトリートメントのほうが、40代女性の髪や頭皮にやさしく、髪のハリやコシを与えることができるからです。

そのため、2~3ケ月に1回は全体染めでサロンに行き、その間は白髪染めトリートメントでセルフリタッチ(生え際染め)を行うことを推奨しています。

8レベルの暖色系に染めたのであれば、以下のような色選びをすると良いでしょう。

  • マイナチュレ → ダークブラウン
  • ルプルプ → ダークブラウン

上記を見ると分かるように、実際の髪色よりもワントーン暗めの色を選んでいます。

この理由ですが、髪に色が馴染みやすいのと、カラートリートメントは色落ちが早いからです。またリタッチですので、生え際は黒髪で明るい色ではないため、暗い色を選んでおいても色むらが少なくて済みます。

実際に、私は髪全体は8レベルの暖色系に染めていて、リタッチのみカラートリートメントを使っていますが、色むらは気になりません。以下は私がマイナチュレのダークブラウンで染めた写真になります。

また、生え際の色むらが気になるようであれば、分け目をギザギザにして、色むらを目立たないようにするのもおすすめです。

すると、以下のように分け目が目立たなくなり、全体のボリュームも出やすくなります。

40代女性は落ち着いた赤色を選び、白髪対策をする

やはり40代女性であれば、落ち着いた赤色のブラウンを選べば、ツヤ感が生まれます。ツヤ感には、成熟しつつある女性らしさを演出できます。

そして、あなたに似合うベースの髪色が決まったら、その髪色よりはワントーン暗めの白髪染めトリートメントで白髪対策をすれば、いつも若々しく、キレイな髪質でいられます。

ホームカラーは染まりやすい反面、強力な薬剤を使用しているため、頻繁には染められません。

しかし、白髪染めカラートリートメントであれば、白髪を徐々に染めて自然な仕上がりになるだけでなく、使えば使うほど、さらにサラサラでツヤのある髪に戻してくれる効果が期待できます。

40代のキレイな女性を目指すのであれば、ツヤやコシのある良い髪質を保ちつつ、白髪対策を行うようにしましょう。