CMの「天使の輪」簡単な作り方2選!シャンプーよりも○○重視

髪ケアの基本

シャンプーのCMにでてくる女優の髪にみえる「天使の輪」。私もあんな天使の輪を作りたくて、シャンプーをいろいろ買い替えているんだけど、効果が感じられない!40代の傷んだ私の髪質だと、天使の輪を作るのは不可能?

今回はこのような疑問に答えたいと思います。

本記事の内容

「天使の輪」を復活させる2つのコツ

1.髪全体をすこやかに保ちツヤを出す方法

2.髪表面のキューティクルを整える方法

この記事を書く私こと、しふ郎は、美髪・頭皮専門の看護師です。月に100名以上、髪に悩める女性にヘアアドバイスを行っています。

長年、女性の髪の悩みに答えてきた経験から言って、若々しさや健康的な美の象徴の天使の輪は、簡単に作ることができます。

それは、カラーやパーマなどで痛んだ髪の方でも、クセのある髪をしている方でも、40代や50代で髪の毛が弱った方でもCMのような天使の輪をつくることはできるということです。

ここでは髪を修復して、天使の輪を復活させる簡単な方法についてお話ししていきたいと思います。

「天使の輪」を復活させる2つのコツ

まず、CMなどの女優さんでみられる一点の曇りもない天使の輪について簡単に説明しておきます。あれは、髪の表面を平らにして、あたかも髪にツヤがあるようにみせた演出です。

あれは、CMにでてきたシャンプーを使って、髪に水分や栄養を与えているからじゃないの?

いえいえ、シャンプーCMの演出に騙されてはいけません。CMにでてきたシャンプーを使ってダメージが補修されて、あのような天使の輪ができているわけではないのです!

芸能人のほうが一般人よりも髪をいじる機会が多く、ダメージを抱えている人が多いのがヘア業界では常識です。しかし、なぜCMではあれほど、キレイな天使の輪ができているのでしょうか。

CMでみられるような女優の天使の輪は、髪の表面を整えることでツヤがあるようにみせているからです。

大体、CMに出てくる大物芸能人やハリウッド女優が、日本のドラッグストアで500円前後のシャンプーやコンディショナーなど使っているわけがありません。あのような芸能人は、プロのヘアスタイリストの徹底した監修のもと、もっと高級で、品質の良いシャンプーを使った後、さまざまなヘアケアをしています。

じゃあ、髪質が傷んでいるような私だと、あんな天使の輪は作れないってこと?

いいえ、傷んだ髪の毛の女性でも、プロのヘアスタイリストに頼らなくても、天使の輪をすぐに演出することが可能です

そこでCMなどで芸能人が作っている「天使の輪」のからくりについて説明します。

CMでみる「天使の輪」とは

天使の輪とは、本来、健康な髪に宿ります。

ではなぜ健康な髪には、天使の輪が宿るのでしょうか。健康な髪は、キューティクルが壊れておらず、髪に光が当たると、以下の図のようにキレイに反射します。

これに対して、ダメージのある髪は、キューティクルがデコボコになっていたり、剥がれたりしている状態になっています。ひどい状態と、キューティクルの表面に穴が開いており、そこから内部の髪の成分が流れ出ていって空洞になっていることもあります。

これでは髪に光が当たっても、光がきれいに反射することはありません。

このようなダメージヘアだと、光は正しく反射せず、ツヤのないパサパサした髪の毛でもちろん、天使の輪はできません。ヘアスタイリストは、芸能人に対して、ありとあらゆる手段で髪に潤いとツヤを与えているのです。

じゃあ、ヘアスタイリストのついていない私には天使の輪は無理なのか……

いえいえ、健康ではない、ダメージのある髪にも「天使の輪」を宿すことはできます

天使の輪を復活させるには、以下の2つの方法があります。

  1. 髪全体をすこやかに保ちツヤを出す方法→髪の内面を整える→日々のケアを行い「天使の輪」の持続性を保つ
  2. 髪表面のキューティクルを整える方法→髪の表面を整える→速効性はあるが、持続性はない

当サイトの管理人である私は、上記2つの方法だけで、40代でありながら次のような天使の輪ができています。

天使の輪があれば、それだけで女性らしさを醸し出すことができます。そこで、天使の輪の持続性を保つための日々のケアの方法と、すぐに天使の輪が作れる方法について述べていきます。

1.髪全体をすこやかに保ちツヤを出す方法

まずは髪全体を少しずつ、健やかな状態に保ち、キューティクルを元の状態に戻していく方法についてお話しします。こちらは日々のヘアケアをしていくことが大切になります。

女性の髪がキューティクルを失って、天使の輪ができなくなる大きな原因として、白髪染めやパーマがあります。

白髪が気になるからといって、頻繁に自分で白髪染めをしていると、強い染料成分で髪にダメ―ジを与え続けることになります。

さらに市販の白髪染めは、美容院での染料には入っているアルカリ除去剤がほとんどの商品で入っていません。そのため、染めた後も髪にアルカリ成分が残り、キューティクルが開きっぱなしになります。

すると、そこから美髪に必要な水分や栄養分が出てしまい、さらに髪はパサパサになっていき、天使の輪を作ることはできません。

できれば美容院で毎回白髪染めをするほうが髪には優しいです。

でも、そんなに頻回に美容院に行く時間もお金ももったいない……

そこでおすすめなのが、普通のトリートメントを週に1~2回だけ白髪染めトリートメントに変える方法です

白髪染めカラートリートメントであれば、髪の表面に色を付けるので、髪を痛ませることはありません。気になる白髪も徐々に染めてくれます。しかも、トリートメント効果で、内部からうるおいをあたえて、健やかな状態に保つことができます。

この日々のケアで天使の輪は徐々に復活していくのが分かります。また鏡を見るたび、気になっていた生え際の白髪も気にならなくなります。

白髪染めトリートメントの効果を高めるコツ

白髪染めトリートメント効果を高めるポイントは以下の2つがあります。

  • 乾いた髪か、一度タオルドライした後の髪につける
  • トリートメントをつけた髪に、目の粗いコームを通す

まず、白髪染めトリートメントをつけるタイミングとして、乾いた髪がおすすめです。ヘアオイルやヘアミルクなどをつけた髪であれば、膜でカバーされているため、シャンプーで洗い流したあと、一度タオルドライをして、水分を拭き取ってください。

髪が濡れたままの状態でいくらトリートメントをつけても、髪の毛はすでに水分を吸っていて、髪の内部にまでトリートメント成分が浸透していかないからです。そこで、シャンプーとトリートメントの順番をかえてみることをおすすめします。

次に、トリートメントをつけた後は、次の写真のように目の粗いコームで髪をいっかい通しましょう。

髪の毛1本1本にトリートメントを馴染ませるためには、このコームを使うのが一番手っ取り早くて、簡単だからです。コームで髪を通すことで、手でトリートメント剤を馴染ませるより、まんべんなく髪にトリートメントをつけることができます。

ちなみに、「明日同窓会!」といった勝負の日であれば、次のようなスペシャルケアもOKです。

乾いた髪 → 白髪染めトリートメント → シャンプー → コンディショナー → 白髪染めトリートメント

これならトリートメントの2度つけで、白髪の染め残しもなく、髪のうるおいが保たれた「天使の輪」ができた状態で、勝負の日に臨むことができます!この方法は速効性があるので、ぜひ試してみてください。

ちなみに白髪染めトリートメントは、数多くの種類が販売されており、やはり安価のものは染まりづらく、トリートメント効果も怪しいものが多いです。白髪も染まり、トリートメント効果のある良品を選ぶことがなによりも大切です。

2.髪表面のキューティクルを整える方法

こちらは今すぐにでも実践できる「天使の輪」をつくる方法です。髪の表面の凸凹を整えて、光があたったときにまっすぐ反射するようにすればいいのです。

髪の表面を整えるには、キューティクルを同じ方向に向かせます。

この時に重要なアイテムがヘアアイロンです

いまや20代の女性では当たり前のヘアアイテムのヘアアイロンですが、30代以降の女性では使っている人が少ないという印象があります。ヘアアイロンは高熱で髪の毛を整えるため、髪の傷みが心配な人や、皮膚にやけどを負わないか不安な人もいるでしょう。

何より女性の朝は非常に忙しいのです。そのときに、じっくりアイロンで形を作って、ツヤのある髪を作るなんて、美容意識の高い女性でなければハードルが高いということも理解できます。

それでもあえて、20代女性よりも30代以降の女性に積極的におすすめしたいと思うのは、結局のところアイロンが手っ取り早くキューティクルを整えて、天使の輪を作ってくれるからです。

ヘアアイロンは天使の輪だけなく、髪が細くなった、根元がよわよわしくなりキレイに立ち上がらない、分け目が目立ってきた、といった女性の髪の悩みにも、簡単に対処できるすぐれものです。

アイロンで髪が痛むと誤解している方が多いですが、それは180度以上の高温で3秒以上同じ場所にあてている場合など、使い方を間違っているケースです。

むしろアイロンを使うことで、バラバラだったキューティクルを整えて、スタイリング剤を使わなくても、光をキレイに反射するツヤ髪を取り戻すことが可能なのです。

ヘアアイロンの使い方ですが、乾いた髪にアイロンをあてるようにしてください。髪の表面を整えるつもりで、150~160度で上から下に10秒程度ですっと下すようにして使います。もし白髪染めやパーマなどで傷んでいる髪であれば、120~130度で10秒が限界です。

うーん、それでもヘアアイロンを使うと、火傷や髪のパサつきが心配だな~

確かに、ヘアアイロン初心者はよく、クビや顔を火傷することがあります。またアイロンを当てすぎて、髪を焦がしてしまい、かえってパサパサになる人もいます。

そこで私の勤めるクリニックではEVERRON (エヴァロン)というヘアアイロンをおすすめしています。私たち髪や頭皮に関するプロの間でも大好評のヘアアイロンでおすすめの一本です。

このヘアアイロンはトルマリンラバー加工がされた、日本で唯一の遠赤外線の間接熱を利用したヘアアイロンで、髪を傷めることがありません。直接髪を焼かないので、髪の水分の蒸発を防ぎ、しかも火傷もしません。

一般的な量販店に置いてあるヘアアイロンであると「キューティクルを整えるため」と使っても、髪の水分を蒸発させてしまう恐れが高いため、すばやくコームスルー(上から下へアイロンをあてる)する必要があります。

その点、最初からある程度、値段の良い高品質なヘアアイロンを買っておいたほうが、手間や時間の節約になり、経済的です。

特にEVERRON (エヴァロン)であれば、ゆっくりコームスルーしたほうが、キューティクルが安全に、キレイに整えられます。一日に何度も使うこともできます。

このヘアアイロンのすごいところは、使えば使うほど、髪がパサパサになるのではなく、つやつやになっていくことです。また根元からヘアアイロンを当てることができるので、ボリュームを出したいときや前髪、ショートカットの人にも使えます。とても便利で多くの女性から好評価を得ているヘアアイロンです。


髪に優しい方法で「天使の輪」を作る

ここでは2つの方法を紹介しました。髪の内面は日々のトリートメントケアで、表面はヘアアイロンで、天使の輪を作っていきます。

どちらも髪や頭皮に優しい方法を紹介し、長い目で見ても髪や頭皮にプラスになります。

髪を大切にできる女性は、自分を大切にでき、人生を楽しめる人です。CMの芸能人のような「天使の輪」を手に入れて、人生を楽しんでください。