マイナチュレ カラートリートメントの口コミ・評判・効果・最安値

おすすめの白髪染めトリートメント

カラートリートメントのマイナチュレって実際のところどうなのかな?口コミや評判・効果について知りたい!

今回はマイナチュレ オールインワン カラートリートメントについて述べていきたいと思います。

本記事の内容

マイナチュレ カラートリートメントの特徴
マイナチュレ カラートリートメントのメリット・デメリット
マイナチュレ カラートリートメントの良い口コミ・悪い口コミ
マイナチュレ カラートリートメント実際に使ってみた私の感想
マイナチュレをおすすめする人・おすすめしない人
マイナチュレ カラートリートメントの価格・最安値

私は、女性向け毛髪医療クリニックの看護師です。ここでの知識・経験などを活かして、さらに月に100名以上、髪に悩める女性にヘアアドバイスをしています。

「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」は数多く売られている白髪染めカラートリートメントの中では、染まりの良さに定評のある商品として有名です。

ただ他の白髪染めトリートメントと何が違って、どのような点でオススメなのかいまいちよく分からないのではないでしょうか。

そこで今回はマイナチュレ カラートリートメントの特徴、メリット・デメリット、良い口コミ・悪い口コミ、実際に使ってみた私の感想、マイナチュレをおすすめする人、価格・最安値について述べていきたいと思います。

マイナチュレ カラートリートメントの特徴

口コミで評判の良いマイナチュレ カラートリートメントですが、特徴は次になります。

  • 他のカラートリートメントより染まりが良い(退色防止成分も配合)
  • スカルプケア(頭皮や髪へのダメージを与えない配慮)ができる
  • 髪へのダメージケア成分が配合されている
  • 頭皮のにおいやうねり、パサつき、へたりなどの髪の悩みへ対応した成分も配合

つまり、白髪ケア×ヘアケア×スカルプケア×エイジングケアの4つがこの1本にまとまった優れものになります。

ちなみに私の勤める毛髪医療クリニックのスタッフ(医師・看護師・毛髪診断士・受付など)は私を含め、約7割はこちらのカラートリートメントを愛用しています。それほど、自信をもっておすすめできる商品なのです。

実際に使ってみると実感できるのですが、洗いあがりの白髪の染まり具合、髪のシットリとしたツヤ感、まとまり感、ふんわり感など、他の商品と群を抜いて満足度の高い商品です。

以下の写真は私がマイナチュレで髪の毛をトリートメントして、ドライヤーをかけた直後の写真です。

ヘアアイロンを使わなくても後頭部はフワッとまとまり、ヘアオイルやヘアワックスなどをつけていなくても光沢があります。

いままでさまざまなカラートリートメントを使ってきましたが、他社の白髪染めカラートリートメントであれば、最低3回くらいは連続して染めないといけないような頑固な白髪でも、こちらの商品であれば、私の場合、1回で白髪は目立ちにくくなります。

特に私の髪の毛は太く、剛毛で染まりにくいとされている典型的な髪質ですが、洗いあがりはしっとりしたツヤ黒髪に染まり、「こんなに簡単にキレイに染まるなら使い続けたい」と思える商品でした。

他のカラートリートメントとの違い

マイナチュレは髪に良い様々な成分が配合されていることはわかったわ。でもなんで他の白髪染めトリートメントより、マイナチュレのほうが染まりがいいんだろう?

それは私も疑問に持ちました。そこで実際にマイナチュレのサポート事業部に「なぜマイナチュレは染まりやすいのか」という内容のメールをして直接尋ねてみました。

すると、翌日には以下のような回答メールが「マイナチュレ」サポート事業部の井爪さんより届きました(なかなかの誠実ぶりです!)。

「マイナチュレカラートリートメントは他社製品よりも染まりやすい理由」についての井爪さんの回答は、以下の通りです。

【「マイナチュレ」サポート事業部の井爪さんの回答】
マイナチュレが染まりやすい理由としては、染料を多く配合しているためです。しかしながら、染料を多く配合してしまうと、ダメージが出てしまう原因となってしまいます。マイナチュレは、ダメージが出ないよう、ヘアケア成分もしっかりと配合しました。そのため、しっかり染めることが出来つつも、ダメージレスで染めることが実現出来ました。

髪はケラチン(たんぱく質)で出来ております。マイナチュレは2種類のケラチンを使用しており、ダメージ部分にアプローチしやすい仕様となっております。

・マイナチュレは他社より染料が多く配合されている

上記の回答をまとめると、マイナチュレ カラートリートメントは他のカラートリートメントよりも染料を多く配合した商品というわけです。

染料が多いとヘアダメージを与えやすいですが、マイナチュレはその点も配慮してあります。それは、2種類のヘアケア成分が配合されている点です。

これでカラートリートメントでありながら「髪をしっかり染めつつ、ダメージも与えない」ヘアケア商品ということが分かります。

・マイナチュレは弱アルカリ性なので良く染まる

ここで市販のホームカラーが万人に染まる理由についてお話ししておきます。市販のホームカラーは写真のように1剤と2剤に分かれています。

1剤には染料とアルカリ剤が、2剤には酸化剤が入っています。1剤のアルカリ剤でキューティクルを開き、内部に染料を浸透させやすい状態にします。そして2剤で酸化剤を浸透させ、髪の内部のメラニン色素を脱色させて1剤に含まれている染料を入れ髪を発色させます。

このホームカラーは強いアルカリ性の成分が配合されているため、キューティクルが破壊されて、髪の栄養分や水分がほとんど流出してしまいます。ホームカラーで髪を染めると髪がきしんで指が通らなくなるのはこれが原因です。

その点、市販の白髪染めのpH値が10以上の強アルカリ性であるのに対し、マイナチュレはpH値7.1の弱アルカリ性(中性値に近い値)です。

この値は髪にダメージを与えず、なおかつ髪の染まりを良くする程よいラインなのです。よく研究された商品です。

マイナチュレ カラートリートメントのメリット・デメリット

マイナチュレ ヘアカラートリートメントのメリットは上記にもありますが、白髪ケア・ヘアケア・スカルプケア・エイジングケアが1本で4役出来る優れものという点です。

ではマイナチュレ ヘアカラートリートメントを実際に使ってみた結果も踏まえ、デメリットは以下の3点です。

  • 色移りしやすい
  • 選べる色が少ない

それぞれについて説明します。

  • 色移りしやすい

マイナチュレを使う上で注意してもらいたい点は、染まりやすい反面、髪だけでなく頭皮にも色移りしやすいのが難点です。

カラートリートメントが初心者の人や不器用な人は頭皮への染まりが気になるかもしれません。

実際、私もマイナチュレを初めて使ったとき、私は他のカラートリートメント同様、ここまで染まると思っていなかったので、ヘアブラシを使わず指で塗りました。

そして頭皮までトリートメントがついていたのを見過ごしてしまい、以下の写真のように頭皮が染まってしまいました。

もし頭皮に染まってしまった場合は、頭皮をみせないようギザギザに髪の毛を分けてごまかすといいです。

すると髪の毛がフワッと立ち上がり、頭皮をうまく隠してくれます。

また以下の写真のように指を使うより、コームやくしなどを使って髪に直接、塗るほうが、頭皮の色移りを防ぐことができるのでおすすめです。

こうすれば、マイナチュレでも地肌に色移りしなくて済みます。

・マイナチュレはダークブラウンとブラウンの2色のみ

マイナチュレは2色しかありません。ダークブラウンとブラウンです。

それがマイナチュレ カラートリートメントの残念な点ではあります。

一方、マイナチュレを同じようによく染まるルプルプならダークブラウン・ブラウン・ベージュブラウン・モカブラウン・ソフトブラック・ブラックとなんと6種類の中から色が選べます。

成分が超優秀という点から考えて、マイナチュレに軍配は上がるものの、もう少し色の種類を増やしてもらえるとありがたいです。

ちなみに私は8トーンの明るい髪色(ピンクベージュ)ですが、ダークブラウンを購入しています。実際の髪色よりも濃い色にはなりますが、髪への馴染みはよく、色むらの心配も少ないです。

マイナチュレ カラートリートメントの良い口コミ・悪い口コミ

マイナチュレ カラートリートメントは、美容サイト@コスメの評価も非常に高く、良い口コミが多いです。

以下は@コスメの「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」の口コミ評価です。比較するために、利尻ヘアカラートリートメントを載せておきます。

星が5.2というのは、@コスメの中では評価の大変高い分類になります。

マイナチュレ カラートリートメントは「ベストコスメアワード2018 上半期新作 カラトリ部門 第1位」を受賞、さらには「2019年モンドセレクション」も受賞しています。美容・ヘアケアのプロにも客観的に評価されているカラートリートメントになります。

良い口コミ

  • 洗いあがりにツヤツヤの髪になり、よく染まった
  • においが気にならず、コラーゲンやAHA配合、混ぜる手間もない
  • 心地いい色になってうれしい
  • 自粛中に外に出られず、こちらでホームケア。まるで美容室でトリートメントうけたよう
  • 白髪が気になったら、何度でもすぐに染められるので重宝  など

口コミには「よく染まった」という感想だけでなく、「指通りが滑らかになった」「髪にツヤが生まれた」といった意見も多くみられます。

反対に悪い口コミはどうでしょうか。

【悪い口コミ】

  • ホームカラーより色が落ちやすい
  • 明るい色には染まらない
  • 週1で染めないと色もちしない
  • 徐々に染まるが、それまで待てない
  • 頭皮まで染まった
  • バスルームについたら色が落ちない
  • 染まりあがりが赤みが目立つ など

悪い口コミとして、「ホームカラーより色が落ちやすい」とありますが、ただカラートリートメントはマイナチュレに限らず、髪の表面に色を付けるものになるため、明るい色にはならないこと、色落ちしやすいことなどが難点としてあります。

週に1回はカラートリートメントする必要があるため、そのような習慣のなかった人には難しいかもしれません。

私の場合は毎日シャンプーとコンディショナーをしていたのをコンディショナーを週に1度だけカラートリートメントに変えました。つけた後10分くらい置きたいので、浴槽で雑誌を読んだり、スマホをみたりして時間を潰しています。

この1週間に1回マイナチュレでカラートリートメントをするようになってからは、きらきら浮き上がる白髪の心配をしなくなり、周囲の人に白髪を染めていると気づかれていません!

「白髪が目立ってきて周囲にも気づかれ始めたから、美容院でキレイに染める」場合、周囲には「あの人、白髪染めしているんだな」と一目瞭然です。

一方、カラートリートメントであれば、気になるときに気になるところを罪悪感なく気軽に染められます。しかも色づきのよいマイナチュレであれば、白髪が良く染まるだけでなく、ツヤ髪やしなやかな髪にすることもできます。

また「頭皮まで染まった」「バスルームについたら色が落ちない」ですが、頭皮まで染まらないように手で塗るのではなく専用コームを使い生え際のみに使用する、使用前には水でバスルームを濡らしておくなどをすると、ある程度の対策がとれます。

さらに「染まりあがりに赤みが目立つ」とありますが、これは「赤み=髪にツヤがあるように見せる色」なので、もともとレッドバイオレット系の染料が配合されているためです。

私は40代女性にはツヤ髪でいてもらいたいので、あえて赤みの入った暖色系8トーンをおすすめしています。なのでブラウンなどの暖色系で髪全体を染めている人には、うれしい色付きともいえます。

 

マイナチュレ カラートリートメント実際に使ってみた私の感想

では実際にマイナチュレを使ってみた感想をお伝えします。

私が注文したのは、「マイナチュレ オールインワンカラートリートメント」の定期購入2本入り、ダークブラウンです。色選びとしては

色選びですが、カラートリートメントの場合、あなたの髪色よりもワントーン暗い色にしたほうが色付きがいいです。

以下がマイナチュレで染める前のビフォー写真です。

髪の表面はいつもカラートリートメントをつけているので目立ちません。あえて髪をめくるところの白髪を染めずに残しておいたら、このようになりました。

ちらほらと白髪が目立ちます。早速、そのまま乾いた髪にマイナチュレ カラートリートメントをつけていきます。

テクスチャーは柔らかめ、ただし、手の角度をやや上にしても落ちるほどではありません。これなら髪につけた後、知らず知らずのうちにぼたっと落ちて、タイルや床、服などに色が付く恐れは少ないです。

髪に塗った後、コームなどで髪1本1本に行き渡らせるようにゆっくりとかします。

こちらは塗った後の手のひらです。真っ黒になりました。手持ちの手洗い石鹸で洗い流していきたいと思います。

キレイに落ちました。ただし、爪の間などに入ると落ちにくいので、気になる方は爪の間にリンスを塗っておくと、コーティングされてトリートメント剤が付きにくくなります。

10分置いた後、お湯が透明になるまでキレイに洗い流しました。

このとき実感してもらいたいのが、手から髪の毛がするすると抜け落ちる感覚です。とても柔らかくなり、髪が「癒された~」といっているようで、髪の持ち主の私までうれしくなります。

そしてタオルドライしたあと、ドライヤーをかけました。それが次の写真です。

目立っていたチラホラ白髪はなくなり、髪はしっとり、しなやかにまとまっています。ビフォーアフターを比べるために、染める前と染めた後の写真も掲載しておきます。

私の髪は太くて剛毛ですが、白髪が目立たない程度にはしっかり染まっています。

使ってみての感想ですが、白髪染めカラートリートメントなので、白髪が染まるのは当然として、髪の状態は最高です。ヘアミルクやヘアオイルなどをつけなくても以下のような状態をキープすることができます。

次の写真は乾かした後のものです。

しっとり感やまとまり感、ツヤ感のある髪に仕上がりました。やはり、マイナチュレは髪のこと、頭皮のことを一番に考えた優れた商品で、長く愛用していけるカラートリートメントだと実感できました。

マイナチュレの効果をさらにアップさせる秘策

マイナチュレは白髪を染めるだけでなく、トリートメント効果も十分に期待できます。そこで、白髪が染まったなーと思える時間まで置いた後は、お湯ですこし薄めて、髪全体に馴染ませてみましょう。

そこからにそこから時間を置きます。私は時間があるときシャワーキャップをかぶって1時間くらいじっくり置くこともあります。

すると白髪が染まるだけでなく、髪全体に充分なトリートメント効果を与えることができます。

この裏技は市販のホームカラーなど2剤を混ぜ合わせる白髪染めではできません。こちらの白髪染めには、トリートメント成分が入っていないからです。

マイナチュレなら時間を置いて、トリートメント効果を十分に発揮させても大丈夫!

一方、マイナチュレであれば、時間を置いても白髪を染めたあとのトリートメント効果もばっちり残っています。

そのため、お湯で伸ばして髪全体にまんべんなくつけて、「白髪を染める+髪に栄養を行き渡らせてツヤ髪にする」ことが可能です。染まりが最強のマイナチュレならではの、コスパ最強の使い方です。これで色むらも少なくなります。

「マイナチュレ」でも染まらない人が試したい方法

マイナチュレはとても染まる白髪染めトリートメントですが、中には染まりにくい人がいます。その場合は、3~5日ほど連日続けて染めてみるとよいです。

最初はどうしても染まりにくいのですが、毎日使い続けていると、染まり具合が良くなってきます。

目安としては、使い始めは3日~5日連続で使用して、色が定着してからは週1で使えば、大体の人は満足した染め具合をキープすることができます。

もし、色落ちスピードが早いと感じるようであれば、お好みの色をキープできるくらいの回数で使うとよいでしょう。

もともとカラートリートメントは色を重ねて、徐々に染まっていくものです。そのため、カラートリートメントを使い始めのころは、「思っていたよりも染まらない」と感じてしまうかもしれません。

カラートリートメントを使う際は、お好みの色になるまでは染める回数を増やして使い、好みの色に染まってきたら、回数を減らしていけば大丈夫です。

・マイナチュレはドライヤーで温めると良く染まる

マイナチュレで染めたあと、色移りを防ぐためとトリートメント成分を浸透させるために、ヘアキャップをかぶるとさらに、効果を実感することができます。

また、ヘアキャップをかぶったのであれば、さらにドライヤーで染め途中の髪の毛を温めます。

髪は温めるとキューティクルが広がるので、さらに色が付きやすくなります。

もしマイナチュレでも染まりにくいという場合は上記のような方法を試してみると良いでしょう。

マイナチュレ カラートリートメントをおすすめする人・おすすめしない人

そこでマイナチュレ カラートリートメントをおすすめする人は次のとおりです。

  • 髪を美髪・ツヤ髪・白髪のない黒髪にしたい人
  • 速効で黒くなるのではなく、徐々に染めてナチュラルに見せたい人
  • 化学染料(ホームカラーや美容院での白髪染め)に敏感な人
  • 長い目でみて、品のある美髪を維持していきたい人
  • ブラウンなど暖色系で髪を染めている人
  • 美容院でととのえてもらった髪質(ツヤ・うるおい・しなやかさ)を維持したい人 など

反対にマイナチュレ カラートリートメントをおすすめしない人は以下になります。

  • 髪色全体を明るくしたい人
  • 髪の傷みなどは気にしないので1回で染めたい人
  • 週に1回のトリートメントができない人
  • 自宅でこまめなケアが難しい人
  • 寒色系(青・緑など)で髪を染めている人
  • カラートリートメントにお金をかけたくない人 など

マイナチュレカラートリートメントは、髪全体を明るくできませんし、1回では十分な染め上がりにはならないかもしれません。

ただ、美容院で1回染めると7,000~10,000円はします。これが家で自分で、髪にダメージを与えることなく、美容院と同じようなトリートメント効果を1本で数回も得られます。

これからも長く付き合っていく白髪ですので、大切に楽しみながらケアできるに越したことはありません。

マイナチュレ カラートリートメントの価格・最安値

マイナチュレは他のカラートリートメントと比べると値段がやや高いと思われるかもしれません。以下の表を参照してください。

マイナチュレ カラートリートメント通常1本3,980円(税抜)+送料750円1本5,128円

1本定期コース 3,380円(税抜)送料なし

利尻 ヘアカラートリートメント通常1本3,000円(税抜)+送料550円1本3,850円

1本定期便5%オフ +送料500円=3,350円
2本定期便10%oオフ5,400円で 1本2,700円(送料込)

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント通常1本3,000円(税抜)+送料550円1本3,850円

1本定期便  +送料500円=3,350円
2本定期便5,400円で1本2,700円(送料込)

マイナチュレの価格は1本だけ購入する場合、5,128円(税込)と商品も送料も断トツで高いです。

ただし、このサイトでは、利尻やルプルプよりも安く購入できるお得なキャンペーンを紹介しています。

実は、このサイトから申し込んでいただくと、初回限定、通常価格4,730円(税別)のところが36%オフの1本3,000円(税抜)で購入していただくことができます。

さらに2本定期便であれば、通常価格9,460円が64%オフの3,380円で、1本あたり1,690円(税抜)と初回実質1本が無料となるキャンペーンを紹介しています。



もし気に入らなくても何ケ月か、続けないといけないの?

いえいえ、とっても良心的な会社です。もし気に入らない場合、使い続ける必要はありません

数ケ月続けなければならない定期の回数しばりなど特別な制限は一切ありません。余った場合は、電話で1回分を休止できるのでこちらも問題ありません(お届け予定日の10日前までに連絡)。

解約連絡先
TEL:0120-02-7710
受付時間 9:00~20:00(土日祝日除く)

また、いつでも解約ができ、しつこい電話もかかってきません。

さらに他社では行っていない最長の「30日間全額返金保証」(初回1回のみ、注文日から30日以内の申請、上限2本、使用していても問題なし)もあり、サポート体制がしっかり整っています。

返金保証窓口
TEL:050-3786-7895

公式通販が最安値で、返金保証あり

ちなみにYahoo!ショッピングや楽天市場、アマゾンでのマイナチュレの価格はこちらになります。ドラッグストアでは取り扱っていません。

楽天市場1本4,298円+送料750円
Yahoo!ショッピング1本4,298円+送料750円
アマゾン1本5,048円で送料無料

これらを見ても分かりますが、結局、楽天やヤフー、アマゾンでも5,048円になり、公式サイトから購入するほうがお得で、しかも「30日間全額返金保証」もついているので安心です。

2回目以降も2本定期コースは6,760円(税抜・送料なし)、1本定期コースは3,380円(税抜・送料なし)で、他社製品よりも優れた成分を使っていながら、とてもお得に購入することができます。