「白髪染めトリートメント」のデメリットと感想まとめ

髪ケアの基本

髪や頭皮を傷めず、セルフで行える市販の白髪染めや美容院での白髪染めから、白髪染めトリートメントに変えようか迷っている人は多いのではないでしょうか。

私は市販の白髪染めから、白髪染めトリートメントに変えて3年以上が経っているのですが、実際にやってみるといくつかのデメリットも見えてきました。

市販の白髪染めから白髪染めトリートメントに変えてからは、

化学染料を使っていないから、頭皮に刺激がないのに髪は染まるし、めっちゃ楽!しかも髪にツヤが出て、髪自体が元気になったみたい。これは素敵!

と思っていたのですが、結局は白髪対策に楽な道はなく、いつくかの懸念点があります。

今回は市販のセルフの白髪染めや美容院での白髪染めから、白髪染めトリートメントに変えようか迷っている方に「白髪染めトリートメントのデメリット」について紹介したいと思います。

白髪染めトリートメントを使っても白髪は増えてくる

当たり前といえば当たり前なのですが、いくら頭皮に優しい染料で、ミネラルなどが豊富に含まれている白髪染めトリートメントを使ったところで、白髪は生えてきます。さらに年齢を重ねるごとに増えます。

3年前に白髪染めトリートメントに変えてから、髪のツヤはよくなり、抜け毛もそれほど多いわけではありませんが、確実に白髪は増えていっています。「以前はこんな白髪がなかったのに」と思う頭の横側も、髪の毛をめくるとちらちらと目立つように自己主張を始めるようになりました。

このような状態では、素敵な彼ができたとしても、風が吹くような浜辺や山頂にはいくことができません。風が吹かず、髪がなびかないショッピングなどがデートスポットとして適しているでしょう。

よく白髪染めトリートメントの広告には「頭皮にも栄養を与える」との記載がありますが、栄養を与えたところで、白髪が黒髪に戻ることはありませんし、加齢とともに白髪は増えていきます。

対策:髪全体を染めると、髪をなびかせる風を受け入れられる

ただ、この対策としては、髪が風になびいたときも平気にしたいのであれば、髪全体に白髪染めトリートメントをつけて染めればいいだけの話です。私は節約のため見える部分(分け目)しか白髪染めトリートメントを使わないので、このような弊害を感じているのだと考えられます。

ただケチだから、増える白髪に充分な対応が取れていないだけなのね……

白髪染めトリートメントは市販の白髪染めトリートメントと異なり、頭皮や髪にダメージを与えないので、染める期間を2週間とおいて頭皮を休ませる必要はなく、毎日でも染められます。

次の日、運動会や海水浴などがある場合は、生え際だけでなく髪全体に白髪染めトリートメントをつけて、いつ風がいたずらして、あなたの髪をなびかせても、笑っていられるような余裕な状態にしておくとよいでしょう。

使い始めのころはなかなか染まりを実感できない

私は同年代の友達からよく「白髪染めていたの?気づかなかったー!」といわれることが多く、私が使ってみて良かった白髪染めトリートメントを紹介します。

しかし友人からは次のような指摘がよくあります。

なんか期待していたほど、染まらなかったんだけど……

白髪染めトリートメントは市販の白髪染めと比べると高価なので、「一回でキレイに染まって、髪もツヤッツヤになるだろう」と過剰な期待を抱く人が多いです。

白髪染めトリートメントは一回で美容院で染めてもらうように、キレイに染まることはありません。染まりにくかった人は、翌日も染め、それでも染まりが悪かったと思ったら、翌々日も染める必要があります。

3日も使えば、ほとんどの人は「キレイに染まって白髪がなくなった」と実感してもらえます。また使い始めに3日ほど手間暇をかけて染めていれば、1週間後に再度白髪染めトリートメントを使う際には、さらに染まりやすくなっているため、翌日も白髪染めトリートメントを使う必要はなくなることがほとんどです。

さらに市販の白髪染めと違い、トリートメントを付けてから20分以上1時間くらい置いても問題はないものが多いのですが、使い始めであると「長くおいた割には染まっていない」とがっかりする方も多いのが現状です。

3日間も連続して染めたり、1時間もトリートメントをつけておいておく時間も余裕もない!

これが白髪染めトリートメントが染まりにくいという悪い噂を流され、世に出回りにくい理由のひとつです。

対策:使い始めのころは染まりにくいと知っておく

「白髪染めトリートメントは使い始めは染まりにくい」ということは知っておいてください。

いくら高価でも、良い染料を使っていても、あなたの髪が健康で痛んでいないと、カラートリートメント素材は髪に付着しにくく、染まりにくいのです。

そもそもカラートリートメントは、以下のような図にあるように市販の白髪染めのように化学的変化を起こして、無理やりキューティクルを開かせて髪の内部に染料を浸透させているわけではありません。

カラートリートメントは、髪の表面に色素をつけて、髪に色を付けているのです。そのため、髪は痛まないのです。

ただ、これを何度も繰り返していると、白髪染めトリートメントの色素が髪に定着して、白髪が目立たなくなってきます。使い始めのがっかり感さえ乗り切れば、あとは白髪染めトリートメントをうまく使いこなしていける人が多いです。

髪を洗えば洗うほど染料が落ちる

こちらも白髪染めトリートメントを使う人の宿命なのですが、髪をシャンプーで洗えば洗うほど、染料は落ちます。白髪染めトリートメントをした後にキレイに透明になるまで髪を洗い流しても、翌日のシャンプーの泡は若干茶色に見えます。

なんだか切ないね

そうなんです。切ないです。せっかく時間をかけて染めたのに、シャンプーが若干、茶色く泡立ち、汚れとともに白髪染めトリートメントの染料が洗い流されていきます。

白髪染めトリートメントでかけた私の時間と手間とお金がシャンプーとともに洗い流されていくのを見るのは、本当に忍びないです。

対策:あれ?思った以上に白髪に戻っていない

こちらの対策ですが、シャンプーのときに茶色い泡がたって洗い流すのを躊躇した割には、白髪に戻っていないのでご安心ください。というか、黒いままです。これなら1週間はかるく黒い髪の毛を保つことができます。とはいえ

せっかく染めたのに、シャンプーのたびに洗い流されるなんて、シャンプーに抵抗が出てくるね

と思っているあなた、それならば、シャンプーをしたあとに髪の毛をタオルドライして、それから白髪染めトリートメントを付けると、色が染まりやすいです。

さらに私がやっているのは、すこし汚いと思われる方法かもしれませんが、あまり汗などかかず、「髪なんてよごれていない」と思える日に、白髪染めをします。

白髪染めトリートメントを乾いた髪にそのままつけて、30分くらい置いて洗い流しています。

そのあとしっかりドライヤーで乾かせば、カラートリートメント後にシャンプーをするより、色が定着しやすい印象があります。

だいたい「白髪染めトリートメントなので、トリートメントのあとにシャンプーする必要はない」と思っているのが私流です。まあ、翌日にシャンプーをして、茶色い泡がたっても、それほど染料は落ちていないのでご安心ください。

白髪も染まる、頭皮も染まる

カラートリートメントもそうですが、白髪染めトリートメントもうまくクリームをつけないと頭皮まで茶色く染まってしまいます。特に白髪染めトリートメントの初心者は、トリートメント剤の適量が分からず、欲張ってつけてしまい、頭皮まで茶色く染まってしまうことがあります。

そうなれば、周りの友達から「白髪染めたー?」とばれることになり、白髪染めトリートメントを使って「白髪を染めていることを分からないようにしたい」という目的からずれてしまうことになります。

私って不器用だから、頭皮を染めてしまいそう

と思うあなた、私もかなり不器用ですので、ご心配なく。

対策:手で塗らないでコームを使おう

私は以下の写真のように市販の白髪染めをしていたときのコームと容器を、白髪染めトリートメントのときも使用しています。

白髪染めトリートメントは手についても、石鹸とぬるま湯で簡単に落とすことができるのですが、その手間も面倒くさい私です。それならばと、以前使って取っておいたこちらのコームと容器を使用するようにしました。もし手元にこのような容器とコームがなければ、100均にいけば簡単に手に入ります。

こちらのコームに始めは少なめに白髪染めトリートメントを付けます。そして、白髪が気になる部分に以下のように少しずつ塗っていきます。

もし自信がないようでしたら、はじめは分け目など外からみて目立つ部分ではなく、髪の内側から試してみることをお勧めします。

分け目などであれば、生え際から3~5mm上を塗るように心がけましょう。

えーせっかく白髪を染めるのに、白髪が残っちゃうの?

生え際の2~3mmのところに白髪があっても髪がふわふわであれば目立たないので、生え際2~3mmの白髪を気にする必要はありません。

初期費用が高い

でも、1本3000円くらいのトリートメントって高くない?

確かに白髪染めトリートメントは1本3000円以上するものが多く、初期投資を高く感じる人も多いでしょう。かくゆう私もその一人です。

私も白髪染めトリートメントの良さはなんとなくわかっていたのですが、実際に購入するとなると二の足をずっと踏んでいたタイプで「たかが白髪染めトリートメントにこんなにお金を支払うなんてありえない」と思っていました。

対策:美容院にいって白髪染めをする回数を減らす

ただ40代女性となれば、髪全体が白髪のわけではないので、この白髪染めトリートメントをつかって分け目だけでも黒くできれば、月に1回、美容院に行く必要はなくなります。

美容院で白髪を月に1回染めれば、5000円から高いところでは10000円くらいはかかってしまいます。しかし、白髪染めトリートメントであれば1本あれば、ミディアムボブやショートで生え際のみを染めることが多い私の場合、3ケ月くらいはもちます。

白髪染めトリートメントなら1本3000円であっても月にすれば1000円、さらに週に1回高級トリートメントも同時に行っていると考えると、それほど高価なものではありません。

むしろ月に1回、美容院に白髪染めに通う手間と暇、お金を考えると、コスパは良いほうだといえます。

さらに美容院や市販の白髪染めは、化学染料をつかっているものが多く、頻繁に染めていると頭皮や髪にダメージを与えてしまい、パサパサ髪になってしまうばかりか、薄毛になる人もでてきます。

以下の写真は私が市販の白髪染めを使用していたときの写真です。髪はパサパサでいうことをきかず、剛毛のくせに縮れて途中で切れるので、アホ毛やくせ毛だらけでした。

そうでなくても、女性は更年期を過ぎると、髪は細くなり、ボリュームもダウンしてきます。私はまだ40代ですので、薄毛の心配はありません。しかし、そうはいっても今ある髪のボリュームを残しておきたいものです。

次にお見せするのが、白髪染めトリートメントを使い始めてからの髪質です。

だいぶん、髪の毛が落ち着いて、艶やかになりました。このように髪にツヤがあって、ボリュームのある女性は若々しく、イキイキとしてみえるものです。髪が若々しと、年齢が10歳近く若く見えるという研究もあるくらいです。

いままで数十種類の白髪染めを使ってきましたが、私の一番のおすすめは一番左側のマイナチュレオールインワンカラートリートメントです。

上記の写真(左からマイナチュレ、ルプルプ、髪萌)の白髪染めトリートメントはどれも染まりがよく、トリートメント効果も優れています。

とくにマイナチュレは染まりが長持ちするだけでなく、洗い流したときの指通りが最高に気持ちよく、白髪染めトリートメントとして仕上がっています(真ん中のルプルプも右の髪萌も染まりが良く、私のなかではスタメンにランクインしています)。

確かにモニターアンケートで、96.1%の人で染まりが良かったって

こちらの白髪カラートリートメントは@コスメのヘアカラー部門でも2018年上半期の新作で一位を獲得したり、2019年のモンドセレクションでも金賞を受賞したりと、私が言うまでもなく、周囲から絶賛されている商品になっています。

こちらであれば、たった1本で「白髪ケア」「エイジングケア」「ヘアケア」「スカルプケア」といった4つのケアが一気に行えてとても便利です。しかも初回は2本で3,380円(税別)と超お得になっているので、とりあえずお得なときに一回試してみるとよいです。

毛髪診断士&美容師が商品開発【マイナチュレカラートリートメント】

まとめ:白髪染めトリートメントのデメリットを踏まえて、それでも老化に挑む

白髪染めトリートメントは、化学染料を使っておらず、頭皮や髪にダメ―ジを与えにくく、末永く使える商品だとしても、1週間に一度は気になる部分にトリートメントを施さないといえないので、面倒といえば面倒です。

ただ、もともと髪を洗うときにトリートメントをするので、その時間がわずかに長くなっただけだと考えれば、それほど面倒くさいこともありません。1週間に1度は自分自身のメンテナンスをして、いつまでもキレイで若々しい髪の毛をキープしていきたいものです。

ぜひ、一緒に老化に抵抗し、40代女性の美しさを磨いていきましょう!